ネットがキッカケで結婚

婚活サイトで結婚している人が続出!今後も増加する傾向にあり


もしかしたら、このサイトを見ている人の中で、婚活サイトをキッカケとした結婚に抵抗がある人もいるかもしれません。
しかし、先進国アメリカでは、婚活サイトなどのネットを媒体にした出会いが当たり前になっています。
その比率も増加傾向にあり、全体の20%以上は、ネットがキッカケで結婚しています。

 

また、結婚後も満足度が高く、一般的な交際よりも離婚比率が低いというデータをゲシュタルト・リサーチが発表しています。

 

 

その流れは、日本にも普及しており、カンロ株式会社の統計によると、既婚者の10%は、ネットがキッカケで結婚したというデータが出ています。
実際、ネットで出会うことに関心を持つ人も多く、その内ネットがキッカケで縁が生まれた人は、70%を超えています。

 

■ネットで出会った事のある人にアンケートした統計■

 

円グラフ見てもらえれば分かりますが、ネットで交際した経験がある人は4人1人は存在するのです。
この傾向は年々増加しており、ネットは新しい出会いのスポットとして注目されています。

 

なぜ人はネットで出会うことに抵抗を示すのか?

 

最近の常識は崩れつつありますが、日本人は、「自然な出会い」を求めている傾向が強いのです。
婚活サイト含むネットや結婚相談所は、やや強制的な出会いというイメージがあり敬遠する人も多いのが理由のようです。

 

■新しい出会いを求めているか?の統計■

 

自然な出会いが無い人は婚活サイトに挑戦すべき

注目してもらいたいのが、出会いを求めている人は70%以上いるという点です。
しかし、出会いがない人が多いのも事実です。

 

この統計を見る結果だと、自然な出会いがある人はどんどん恋愛にチャレンジしているんだろうと思います。
ですが、問題は「自然な出会い」を期待しているけれども、自然な出会いが発生しない人たちです。

 

あなたが望む「自然な出会い」は明日来るかもしれないし、もしかしたら一生来ないかもしれません。
このサイトで度々言っていますが、婚活は出来るだけ早い時期に始めたほうが有利です。

 

実際アイモコは、婚活サイトがキッカケで結婚できました。
私の知人は、婚活サイトでこそ結婚はしませんでしたが、その経験が能動的な思想になり職場結婚しました。

 

いつ来るか分からない「自然な出会い」を期待する受動的考えよりも、能動的に動いたほうが後悔のない人生を歩める気がしませんか?

 

前回⇒サイトで知り合った異性と1ヶ月で何人会えるのか?
次回⇒肉食系女子がサイトを利用した結果