ネット婚活と字の綺麗さ

ネット婚活でも字は綺麗に越したことがない?[字の汚さが別れの原因]


ネット婚活は基本的にインターネットの文章でのやり取りです。

 

なので、

 

自分の字がキレイだろうが、汚いだろうが関係ない!!

 

アイモコもそう思っている時代がありました。
恥ずかしい話ですがアイモコは小学校から字が汚くて、アイモコよりも汚なくて雑な字を書く人がいませんでした。
会社の面接でも、PCで印刷した履歴書で内定を取りましたし、極力自分で字を書くのは避けていました。

 

なので、アイモコは字が汚いのです、、、。

 

ネットの婚活は、字を書かなくても良いという私の中では強い魅力も感じていました笑

 

しかし、デートするのは男性です。
ネットの中の住民ではないのです。

 

なので、当然リアルの世界でカフェに行ったりデートを楽しんだりします。
通常のデートで字を書く機会などないと、高を括っていたのですが、事件は起きます。

 

ボーリングの名前の記入です。
大体男性が側が記入してくれるのですが、トイレなどにいかれるとしぶしぶ書くしかなくなります。

 

ここで、初めて男性に私の字を見られてしまいました。

 

私はそれ以降のデートを覚えていません。

 

デートの時字をかくのは稀ですが、その他にもカラオケ、食べ物屋の予約記入欄など色々あります。

 

アイモコがデートで上手く行かなかった事が「字が汚い」というだけではありませんがマイナス点にはなりやすいです。

 

 

アイモコの知人は字が汚い女性は生理的に受け付けないそうです。(教養がなさそうに見える?)
話によると、箸が上手に扱えない女性と同じ感覚らしいのです。

 

字というのは見られる機会はほとんどありませんが、見られた時に強烈なインパクトを当たえるのは事実のようです。

 

カップリングパーティーで発揮される

たまに婚活サイト側でカップリングパーティーのようなイベントをやるのですが、アイモコはあれが苦手です。
直筆でプロフィールを書きそれを相手と交換しながら会話するからです。
つまり、プロフィールの中身以前に「字が汚い」というマイナスイメージから挨拶が始まるからです。

 

逆に字がきれいな人は、カップリングパーティーで大きなアドバンテージを得られるでしょう。

 

コンプレックスがある場合ペン習字で練習しよう

アイモコはこの件から、ペン習字の基礎を学びました。
お世辞にも上手とは言えないけれども、以前より好印象な文章を書けるようになったと思っています。

 

前回⇒婚活する時間がない人向けの婚活
次回⇒容姿に自信が持てない