ヤリ目的とネット婚活

婚活サイトで身体目的(やり目的)の男性の見極め方と対処方法!


婚活サイトで色々な男性と交流していると、稀に「結婚」や「恋愛」が目的ではなく、身体目的の男性が生息しています。
こういった、マナー違反の男性は運営者に通報していますが、それでも追いついていないのが現状なようです。

 

明らかに目的がハッキリ分かっていれば、即刻ブロックすれば良いだけの話なのですが、問題は、本性を隠している男性です。

 

実態は肉食系なのに、野菜に包まり草食系になりすまします。
まさに、ロールキャベツのような男性がサイト内にうろついているのが厄介です。

 

 

こういった男性の見極め方と対処方法を紹介して行きたいと思います。

 

文章だけでは判別は難しい

こういった男性とやり取りするだけ時間の無駄ですが、手馴れたヤリ目男子は通常のメールのやり取りだけでは、選別が難しいでしょう。
「コイツヤリ目的かなー」って判断するのは、1回目のデートの日程を決めるときです。

 

・すぐに出会いたがる

 

お互い十分理解していないのにも関わらず、すぐにデートに誘う男性は黄色信号です。

 

・お酒を誘ってくる

 

お互いにお酒が好きならば仕方ないのですが、アルコール類を飲むと判断力が鈍ります。
また、必然と夜から会うことになるので、相手の要求に呑まれやすくなります。
お酒を飲みに行くことに反対はしませんが、前もって対策が必要となるでしょう。

 

・相手の自宅付近を指定してくる

 

デート、自宅というプランを組んでいる可能性があります。
最終的には自分の意思次第でどうにでもなりますが、自信がないのであれば場所を変えてもらいましょう。

 

・家や個室を指定してくる
初対面の相手に個室や家は、あなたが同意しているとも思われる行為なので応じるのはやめましょう。

 

・ボディタッチが激しい
やたら身体に触ってきたら赤信号です。
彼らは、身体を触ることで、「やれるのか?」を判断しています。

 

 

以上の項目に1つでも引っかかるのであれば、注意してデートに挑みましょう。

 

ヤリ目的相手の対処方法

ヤリ目男子は、あなた以外にも複数の女性と同じようなメールを送っています。
つまり、相手が「面倒そうだー」と分かれば、デートに応じなくなったり、ヤリ目的候補から外す傾向があります。
なので、相手のルーティン環境を崩し、こちら側のペースに引き込む事が大切です。

 

・初回デートはカフェなど短時間で済ます
初対面の人と会うときに気が合えば良いのですが、全然話が盛り上がらない事も多いです。
そのため、前もって短い時間に指定してデートすることはなんら自然です。
ヤリ目男子は、当然お茶を飲むことが目的ではないため、要求には応じにくくなります。

 

・お酒を飲むときの対処方法
お互いがお酒好きの場合、居酒屋などに誘われるのは自然です。
しかし、初対面の人とアルコールを飲むのは危険が伴うのも事実です。
デートする前に、前もって帰宅する時間(2時間程度)を伝えておき、居酒屋から出たら、タクシーで家に帰るなどのルールを決めておきましょう。
ヤリ目的男子は、居酒屋から出てからが勝負なので、帰宅宣言されてから誘ういづらくなります。

 

また、居酒屋やバーなどはこちら側の馴染みのある場所に指定するのがベストです。

 

・ボディタッチには、「NO!!」と言える様に
ボディタッチがやたら激しい場合、その反応を確かめている可能性が高いです。
不快に感じたならば、すぐにでも立ち去った方が良いでしょう。

 

・夜の時間はできるだけ避ける
夜は終電逃し作戦や2次会カラオケ作戦など色々な誘い文句であなたを巧みに誘い出します。
そういった罠に嵌らないためにも、昼デートを推奨します。

 

・相手の名刺を貰う(名刺交換をする)
相手が本気ならば個人情報が伝わるのは別に構わないと思うのですが、ヤリ目男子は別です。
こんな事会社にばれたら大変です。
頑なに拒否することでしょう。

 

 

以上の項目に注意すれば、ほとんどのヤリ目男性は回避できるはずです。

 

しかし、注意しても相手の思うツボで、ホテルなり自宅なり着いて行ってしまったときはどうすれば良いでしょうか?

 

もう2度と会うつもりが無いのであれば、「私、今性病なの、、。」と男性に伝えましょう。
すぐに帰してくれます笑

 

性交渉から生まれる恋はあるのか?

個人的にはナシです。
男性は、あなたを軽視するようになりますし、身体からの恋ではすぐに飽きてしまいます。
価値観がお互い合う前提での行為であることを忘れてはいけません。

 

統計では、ちゃんと段階を踏んで付き合ってから行為をする方が、結婚生活が上手くいくというデータもあるようです。

 

前回⇒自分の不人気で自信が無くなった時の対処法
次回⇒有料と無料サイトの違い[女性限定]