ネット婚活で手料理は武器になる?

特技が手料理というのは婚活で有利になる?


アイモコは婚活で自分磨きのために、料理教室に通っていました。
昔から料理は苦手で、実家ではお母さんが、一人暮らしでは外食というのが私の生活でした。

 

ですが、結婚を意識したときに、子供に美味しいお弁当を作ってあげないと意識したときから、習いに行ったのです。
始めは包丁も満足に扱えなかった私ですが、もう特訓のした結果それなりに料理が作れるようになりました。

 

そして、アイモコは、手料理も1つの武器として婚活サイトとして望んだのでした、、。

 

で、誰もが気になるのが、

 

手料理が得意って婚活で有利に勧められるのか?

 

という点です。

 

結果から言うと、手料理自体には強い魅力を感じさせる力があります。
美味しい料理を食べて嫌がる男性はいないんだろうという確信は持っています。
なので、手料理をこれから習うという女性がいればぜひお勧めできる習い事の一つだとアイモコはいえます。

 

しかし、一つ欠点があります。

 

それは手料理を披露する場が限られてしまうという点です。

 

婚活サイトでは出会うきっかけは、ネットです。
ここからメールなどを通してデートが出来るようになります。

 

しかし、デートできても手料理が披露できる機会というのは限られてしまいます。

 

普通に考えて、水族館でも映画館でもいいですがデートする時に手料理が披露できる機会ってないですよね?
出来るとしたら、お菓子をおみあげに作ってあげるくらいです。

 

こうなるとせっかく努力してスキルを身につけた手料理が披露できないのです。
なので、手料理を披露したい場合料理を駕できる環境であるデートを提案しなければなりません。

 

アイモコが実際に使ったのは、

 

ハイキング(ピクニック)

 

です。
暖かい季節ならば、ハイキング(ピクニック)をデートに提案してみたらどうでようか?
こうすることで、昼には自分で作った料理をその彼に披露することが出来ます。
定番はお互いの家ですが、そういった関係は早いと思いますのでお勧めです。

 

手料理を武器に婚活を有利に勧めるのはありですが、その披露する場まで持っていく欠点が難点です。
しかし、無趣味な人は、料理が得意になるのはメリットしかないので、趣味の欄を埋める意味でもお勧めですよ。

 

前回⇒婚活疲れを回避する方法
次回⇒婚活サイトで使える趣味