ネット婚活で気になる箇所

異性がチェックしているプロフィール箇所の紹介と対策の仕方


<はじめに>
婚活サイトを利用していて相手のプロフィールを見る時、つい気になってチェックしてしまう箇所がありますよね。
婚活サイトで異性が特にチェックしてしまう箇所をきちんと書いておくことで、アプローチをしてもらえる可能性も高まりますし、多くの出会いに繋がるはずです。
婚活サイトのプロフィールの中で異性がついチェックしてしまう3つの箇所をまとめました。

 

【1.相手の年齢と出会いの対象となる年齢】
婚活サイトを利用している年代は幅広いです。
そのため、相手の年齢をまず最初に確認してしまうという人も多くいると思います。
年齢は気にしないという人でも、やはりどんなに離れていてもここまでという年齢はあるのではないでしょうか。
また、相手の年齢とともに気になる箇所は、相手が出会いたいと思っている年齢の幅です。
自分が相手のことを年齢的にも良いと思っても、相手はそうは思ってくれないかもしれません。
プロフィールには例えば5歳上までOK、10歳下までOKなどザックリとした年齢ではありますがチェックができる婚活サイトもあるので、自分がアプローチしても脈ありかどうかをそこで判断するのも良いでしょう。
しかし、プロフィールに書いてある内容だけでチャンスをなくしてもらうのはもったいないことです。
プロフィールに書いてある相手の希望年齢は参考にしながらも、自分がその年齢に当てはまっていなくても、気になる相手にはアプローチしてみるのが良いでしょう。

 

【2.年収や休日などを含めた仕事】
婚活サイトでついチェックしてしまうものの一つに、仕事があります。
相手の仕事を知ることで相手のことを知るヒントも得られますし、年収を見ることで自分の年収を合わせてみて、どの程度の生活が送れるかということもリアルに想像しやすくなります。
また、相手の仕事の休日も婚活サイトに載っているので、自分とライフスタイルが合う相手であるかということもわかります。
この休みが合うかということは意外と重要で、休みが合わなければなかなかデートもできないので交際も上手くいかず、結婚に繋がる可能性は低くなってしまいます。
相手の仕事がしっかりしていればそれだけ家庭全体でも安定した生活が送れるはずなので、相手にもよりリアルな生活を想像して申し込みをしてもらうために、仕事の箇所はしっかり書いておくことが大切です。

 

【3.価値観が合うかがわかる趣味や性格】
婚活サイトを使って婚活をしている人が重視している点は、相手の年収や年齢などの条件面だけではありません。
やはり、結婚して一緒に生活するとなると価値観が合わなければ難しいのではないでしょうか。
自分と価値観が合いそうな相手であるかを婚活で見極めるためには、婚活サイトの性格や趣味の箇所をきちんと読む必要があります。
性格は自己申告ではありますが、自覚している性格と正反対であるということはほとんどないと思います。
また、趣味の箇所を見ることで結婚後も一緒に楽しめる相手であるかということがわかります。
例えば、自分が旅行好きなのに相手がインドアの場合、家族で旅行をしたり楽しむことができずに不満が溜まってしまうかもしれません。
共通点が多い相手の方が相性もピッタリであるはずなので、性格や趣味は相手とのやり取りを始める前に婚活サイトで絶対に確認しておきたいですし、自分自身もしっかり書いておくことで、より価値観の近い相手にアプローチしてもらいやすくなる箇所です。

 

<おわりに>
婚活サイトを利用していて相手のプロフィールの中でここだけはしっかり確認しておきたい、と思うような箇所は誰でもあるのではないでしょうか。
そういったこだわりの強い箇所をしっかり確認してから相手にアプローチすることで、良い婚活ができると思います。
相手によって気になる箇所は違うと思うので、プロフィールはできるだけ全体的に充実させておきましょう。

 

前回⇒年下、年上の異性対策
次回⇒離婚暦(バツイチ)を逆手にとる