ネット婚活での奢り主義

奢られるのが当然と思っている女性は男性から人気が低迷しつつある


婚活サイトでのデートは、

 

男性が奢って当たり前!!

 

こんな風に思っている女性もいると思います。

 

女性側の言い分としては、

 

男性側から誘ってきたのだからそっちが奢るのが当たり前!!

 

こう主張します。

 

しかし、女性は基本男性から誘われるのを待つ方が多数です。
この状況で男性側からアクションが来なければ、リアル・ネット含めて恋愛は成立しません。

 

また、仮に女性側から男性にデートに誘っても女性側は男性に全額奢るという感覚はあまりない筈です。

 

つまり、どう転がっても金は出さないのです笑

 

昔と今の奢り事情

アイモコも大昔世代の人間ではありませんが、「デート時は男性が奢る」という常識はとても分かります。
これは、今現在でも通用するルールですが、最近ではその常識も少しづつ崩れています。
アンケートによると男性側も奢りが前提と言う割合が減ってきているのです。(女性も然り)

 

そのため今現在に置いては、「男性が奢るのが当たり前」と感じる男性は少なくなっています。
当然、そう思わない人もいるでしょうが、婚活サイトで会う男性が全員、この「奢りが当たり前」という考えでないことに注意しましょう。

 

恋愛強者は奢りが必ずしも必要でないことを知っている

自分に自信がある男性は、割り勘でも女性を惹き付ける術を知っているし、自信が無い人は女性にいくら奢っても婚活で成功しません。

 

つまりは、奢りの是非は根本的に婚活の成功率を著しく下げるものではないと言うことです。

 

賢い男性は無理に出費を出さないでも彼女を作れるという事に気づいていますし、そういった男性は、婚活サイトでも生息しています。
昔は、男性が奢らないと格好悪いという、男のプライドのようなものがありましたが、近年ではそういった考えが減っています。

 

それでも、男性が女性に奢ってあげる人が多いのは、本当にその男性の気持ちだと思っています。

 

奢りが当たり前だと言う精神はやめにする

男性側からすれば、「奢る=感謝されたい」という気持ちは少なからずあります。
逆に「奢りが当たり前」という女性は好意的には見ないでしょう。

 

あなたが、「奢り前提主義者」だとしても、レジの前で財布を出す素振りや「ご馳走様でした」という男性に対する感謝の気持ちは持つようにしましょう。

 

結局は好きなった方の負け

キャバクラ、ホストの世界でもそうですがお金を支払った方が格下、奢ってもらった方が格上と錯覚する人がいます。
つまり、「この男は奢ってくれなかった」と愚痴る女性は、その男性を格下と思っている可能性もあります。
自分よりも格が上の男性を探している場合そういった考えにはならないはずです。
良い例としては、高収入お見合いPTでは男性無料、女性1万なんて場合もありますが、女性の参加は後を絶ちません。
この場合、男性に奢っていることになるのに笑

 

前回⇒自営業をしている男性との結婚について
次回⇒異性と出会ったキッカケを説明するには?