ネット婚活で上手な断り方

知り合った異性の上手な断り方


婚活サイトを利用していると色々な異性と会うことが出来ます。
これは、サイトを利用している皆さんもご存知だと思います。

 

素敵な異性と仲良くなれる一方で、

 

・気が合わなかった異性
・興味が沸かない魅力がない異性
・デートしてみたら思っていた異性とかけ離れていた異性

 

など、ご縁がなかったような異性とも多く出会います。
これはこれで仕方ない事なのですが、問題は知り合ってしまった異性に気に入られてしまった場合です。

 

「こちらとしてはお断りしたいけど、相手が好意を持っている、、、。」

 

こういったケースは、婚活サイトでは多々起きてしまいます。

 

アイモコも経験がありましたので、上手な断り方を考えて行きましょう。

 

自然消滅を狙う

メールのやりとりの数を意図的に減らしていき、交流を絶つ方法です。
アイモコが相手との関係を絶つのに最も多く利用した方法です。
そもそも気が合わない異性とメールするのは苦痛であり、自然とメールの回数が減るのは自然です。
メールも質問形式で返さず、完結させた単語で終わらせるのが理想です。「うん」「そうですね」など。
こうすることで、異性側は、会話を広げることが難しく、交流する機会が無くなっていきます。
最も有効的で自然なやり方でもあります。(お見合い方の婚活サイトでは失礼にあたる可能性がありますので注意)

 

やんわり断る

基本的には、自然消滅を狙えば、空気を読んでメールがこなくなります。
しかし、まれにこちら側がメールしなくてもメールを送ってくる熱狂的な異性も存在します。
こういった異性には、アイモコの場合は「他に気になる異性が見つかったので、一度メールをお休みしていいですか?」などと、やんわり断ることにしています。
この後、罵声を浴びせる人も出てくるので、人を見極める必要があることに注意です。

 

サイト経由でしか連絡を取っていない場合、サイト独自のお断りリスト(ブラックリスト)のようなものにその異性を登録しましょう。

 

サイト側に通報する

あまりにもしつこい場合サイト側に通報しましょう。
アイモコの場合は過去に1度アカウントを変えてアプローチを試みてきた男性がいましたが、通報したことにより交流を絶てました。

 

電話番号のやり取りは避ける

最近は、気軽に交流ができるLINEやカカオトークなどが流行っています。
これらのアプリを駆使することで気軽に、異性と交流できます。
仲良くなっても電話番号を教えるのではなく、こういったアプリ経由で連絡を取るのも1つの手です。

 

前回⇒婚活する時間がない人向けの婚活
次回⇒リアルでモテなくてもネットでは可能??