ネット婚活で結婚しても子供は欲しくない

婚活サイトで結婚しても子供は欲しくない場合の攻略方法


結婚すれば子供を生むのが当たり前という風習がある中、子供は欲しくないと考えている男女が急増しているようです。
まずは、なぜ子供を生みたくないのかを考えていきましょう。

 

子供を生まないメリット

 

・経済的に余裕が生まれる
子供を幼稚園から大学まで育てた場合、1人あたり3000万円以上の費用が掛かります。
これが2人目となれば、倍になり生活を圧迫させてしまいます。

 

・自分だけの時間が持てる
子育てには多くの時間を要します。
その時間がなければ自分だけの時間を持つことが可能となります。

 

・共働きが出来る
女性の場合育児で会社を辞める事が多いのですが、子供を出産しないのであれば、これまで通り自分のやりたい仕事を続ける事が出来ます。

 

・トラブルや不安のタネが消える
子供の成長に合わせて色々な悩みのタネが生まれます。
虐めやドラッグなど多くのトラブルから身を守ることが可能です。

 

子供を生まないデメリット

 

・自分の子孫がいなくなる
子供がいなければ次世代に自分の子孫は生まれません

 

・世間体やお互いの両親によるプレッシャー
多くの両親は孫の誕生を楽しみにしています。

 

などのメリット、デメリットが考えられます。

 

子供が欲しくない男女が年々増えている

「結婚=出産」という認識は過去になりつつあります。
2015年度版「少子化社会対策白書」によると、4割は子供が欲しくないという統計が出ています。
そのため婚活サイトでは、

 

結婚はしたいが子供は欲しくない!

 

という異性も探しやすくなっています。

 

子供よりも恋愛重視の異性を探そう

しかしながら、それでも多くの異性は、「結婚したら子供」と考える人も多いです。
通常通りの攻略方法で、異性と出会って、「子供が欲しくない」と伝えるのも良いのですが、価値観の合わない異性と繰り返し会っていると、婚活疲れに陥る危険性があります。
そのため、相手側も子供よりも恋愛を重視する異性に絞ることで、価値観の近い異性を探すことが可能です。

 

探し方としては、プロフィールなどから探していくのも良いのですが、より効率を求めるなら検索を有効活用しましょう。
例えば、ブライダルネットでは、「結婚観」という項目があり、「子供より夫が第一」などの項目があるので男性は側はクリックしましょう。(女性側もあります)

 

 

この項目にチェックを入れるだけで、自分の価値観に近い異性と出会う事が可能です。
他の婚活サイトでも同様な項目が設けられていたり、キーワードで検索することも可能なので利用して見てください。

 

前回⇒異性に求めるものは、外見VS内面
次回⇒婚活の種類について