ネット婚活で合コン

婚活サイトで知り合った異性を合コン要員にシフトする!


婚活サイトを利用すれば色々な異性と会う事が出来るようになりますが、

 

「良い人だけど、結婚相手としてはなしかな.......。」

 

って異性も会えると思います。

 

こういった異性を使って、新しい異性を紹介してもらう方法が存在します。
それが、合コンです。

 

男性としての属性が高ければその呼んできてくれる仲間も、同じような属性の友達が多いのが特徴です。
なので、学歴やステイタスは高いけれど、話が合わなかったり容姿が好み出なかった場合、次回は合コン打診することで、新しいチャンスを生むことが可能です。

 

婚活サイトで知り合った異性と合コンまでの流れ

 

1・デート

 

通常の婚活サイトで知り合った人同様デートしたが、思っていたのと何か違う。
こういった場合、出来るだけ友達ポジションを維持しながらも好感を上げる好意を心がける。

 

2・合コン打診

 

「私の友人が合コンしたいというので、お願いできませんか?」など相手に合コンをお願いする。
アイモコの統計では、40%くらいなのでダメ元感覚でお願いした方が良いかも。

 

3・場所のセッテイングなどを用意しとく

 

男性の中では積極的に用意してくれる人もいますが、セッテイングが面倒で流してくる男性も多いです。
そのため、場所やお店はこちらで手配しリーズナブルな場所を提案しておく。(あくまで1つの案として提案するだけ)

 

4・合コンを参加してくれる同性を確保する

 

友達の中に合コンが大好きな同性が複数人いると便利です。
いない場合、サークルなどで人脈を広げ確保すると吉。
しかし、仲良くないと、良い男性の取り合いの地獄図になることも笑

 

5・合コン決行

 

人数は多いほうが当たりの異性は多くなりますが、コミュニケーションが取りづらくなるので、5人程度までに抑えたほうが良いです。

 

6・目当ての異性がいない場合、再合コンを試みる

 

合コンの中で一番スペックが高い異性の連絡先を訪ねて、その人に別の合コンをお願いする。(2番に戻る)

 

こんな感じの流れを覚えると、婚活サイトを利用しなくてもリアルな出会いが量産されます。

 

欠点としては、同性の合コン要員が確保し辛いことになります。
(紹介してもらった場合別のメンバーで行かないとダメなため。)

 

■こんな人にオススメ■

・婚活サイトで知り合う異性に抵抗がある人
・実際に異性と会ってからデートしたい人
・効率よく異性と会いたい人

合コンが苦手人はどうしようもありませんが、せっかく良い人に会えたのであれば、有効活用するの結婚の近道だとアイモコは考えています。

 

前回⇒デートした相手がお金持ちか見極める方法
次回⇒誘う派?誘われる派?狙うのならどっち