ネット婚活の相手がギャンブル好き

婚活で知り合ったパチンコやスロット等のギャンブル好きな異性は大丈夫?


男性、女性に関わらず、「ギャンブル好き」は存在します。
アイモコはギャンブルに興味がないので分からないのですが、何かしらのギャンブルを経験した事がある人は多いと思います。
今回この記事を書くきっかけになったのが、

 

婚活サイトで知り合った男性で、お付き合いした事になったのですが、後にパチンコが趣味だと分かりました。
そんな彼と今後も交際しても良いのでしょうか?
それ以外の部分に不満はないです。

 

という質問を頂いたからです。

 

今回は「ギャンブル好きの異性」について考えていきましょう。

 

ギャンブルとは基本的に負けるもの

世の中の大半は、「ギャンブル=悪」と認識しています。
それは、多くの借金を背負ったり、子供置き去りにパチンコに夢中になる主婦など多くのマイナスイメージがあるからです。
ですが、異性がギャンブルが好きだからと言って必ずしも、「ダメ!」と考えるのは良くないと思います。
では、ギャンブル好きな異性でも大丈夫と思える人はどんな人でしょうか?
それは、

 

ギャンブルは勝てないと理解している人です!

 

つまり、「勝つ」つもりで遊んでいるわけではなく、「負け」を理解して、あくまで趣味としてプレーしている方です。
こういった勝ちに拘りのない異性ならば、ギャンブル好きでも安心できる可能性が高いと言えます。
しかし、こういった考えを持っている人間ってあまりいないのが現状です。

 

ほとんどの人は自分が勝てると思っている

当たり前の話ですが、ギャンブルをプレーしている殆どは「勝てません」。
割合的には、10人中8人が負けると言われています。

 

では、誰が一番儲かっているかと言うと、胴元(ギャンブルの運営者)です。
にも関わらず、ギャンブルをしている人との大半は、10人中2人の勝ち側になれると思っているのです。

 

こういう考えを持っている場合、黄色信号と言えます。

 

今交際している異性がどの程度この考えを持ってるかを考えて見ましょう。

 

ギャンブルの種類について

 

ギャンブルと言っても日本には多くのギャンブルがあります。

 

■日本の公式ギャンブル■
・競輪
・競馬
・競艇
・オートレース
・宝くじ(ロト6やスクラッチくじ等含む)
・スポーツ振興クジ

 

■準公式(アミューズメント)■
・パチンコ・スロット

 

■非公式■
・オンランカジノ
・仲間内の賭け(麻雀、ゴルフ等)

 

■海外■
・カジノ(ルーレット、スロット、ブラックシャック等)

 

など多くのギャンブルがあります。

 

許容範囲のギャンブルとは?

 

上記の種類の中で、

 

宝くじやスポーツ振興クジなどは、他のギャンブルに興味なくても多くの方が参加しています。
テレビでのCMも有名な芸能人が大々的に参加しています。

 

こういった、ほとんど勝てる見込みがないが、当たれれば大きい「ダメ元」のギャンブルは、何百万人の方が購入されています。
また、購入する金額も生活に支障のない数千円〜数万円で購入する人が多いです。(アイモコも購入した事があります)

 

こういった、夢を購入してるギャンブルは、全然OKではないか?と思っています。

 

しかし、一般的に「ギャンブルしている異性は大丈夫?」と質問している方は、宝くじやスポーツ振興クジを指しているわけではないと思います。
なので、他のギャンブルの許容範囲について考えていきましょう。

 

・日本の公式ギャンブル
ギャンブルの中では胴元の還元率が高く、国が運営しているギャンブルです。
他のギャンブル同様依存率はありますが、1日に決まった回数や開催される日にちが決まっているため、底なし沼に陥るリスクは低いです。

 

私の男友達に競馬好きがいますが、一度に掛ける掛け金は300円です。
そのため、レースを10回しても、1日に3000円の損失しかないのですし、レース自体も都内で週に2回程度ですので、趣味の領域と言えるかもしれません。

 

・パチンコ・スロット
ギャンブルの代名詞となりつつあるのが、パチンコやスロットです。
日本全国に店舗があり、昼から夜まで毎日開店しています。
日本では公正なギャンブルとして認められてはいませんが、最も利益の出ているギャンブルと言えます。

 

・カジノ
日本では、国内のカジノは認められていないため、韓国やアメリカのラスベガスなどでゲームを楽しむ方もいます。
旅行の一環で興味本位でやる人から数百万単位でお金を掛ける人など様々な人種がいます。
旅費を考えるとギャンブルだけのために行く人は富裕層が多く、貧民層はパチンコやスロットに行く傾向が高いようです。

 

■パチンコやスロットに依存する異性と付き合って良いのか?■
上記で説明した通り、趣味の領域と判断できている異性であれば問題ありません。
しかし、生活費を食いつぶし給料の大半をつぎ込んでいるような方がいるのも事実です。
こういった方が交際相手の場合黄色信号です。

 

見極め方としては、会話の中心が「パチンコの買った、負けた」話の場合は依存性が強いです。

 

それ以外に、インカジ、オンラインカジノの場合法律上でグレーであり、運営会社も曖昧なため、さらに危険性が高いです。

 

仲間内の賭けごとについて

麻雀などで少額掛けて遊ぶ行為については、常識的範囲内であれば問題ないかと思います。
高校生が、じゃんけんで負けたらジュースを奢る感覚と似ています。
しかし、法律的には違法な可能性もあるので、アイモコは何とも言えません。

 

まとめ

総括してまとめると、生活に支障が出ない程度で、ギャンブルしている異性ならば問題はないのではないかと思います。
ギャンブルしている人が全部だめとすると、宝くじなどもだめなのか?という感じにもなってしまい、異性を探す幅が狭まってしまいます。

 

前回⇒食べ物の好き嫌いが多い人にあった場合
次回⇒ファションがダサイ異性の対処方法