ネット婚で不人気で自信喪失

婚活サイトで分かる自分の不人気と自信の付け方


当サイトでは紹介していませんが、アイモコは某大手結婚相談所に登録していました。
その結婚所では、相手に求める要求をシートに記入し、そのデータを元に全国の男性会員を紹介してくれるというシステムでした。(今では当たり前の機能ですね笑)

 

当時、アイモコは結婚相談所を舐めていまして、「こんなのに登録している男性なんて大したことはない」なんて荒んだ心を持っていました。(自分も登録しているのに、、。)

 

要求は、皆さんが最初に始めて要望する条件とほぼ同じです。(この当時ではそこまで要望が高いと思っていませんでした)

 

大体こんな感じです。

 

■相手に求めるもの■
年齢:35歳まで
年収:最低600万以上
身長:175センチ以上
学歴:大卒
体格:痩せ型
備考:健康な身体。自分のエリアから近い。(イケメン笑)

 

 

はい。
全然、希望のマッチングがされません笑

 

そうると、コンシェルの人が、

 

「35歳で600万円は厳しいよ。こちらの方は、一部上場企業に勤めているから将来的には年収も上がるからどうですか?」

 

みたいな、猛アピールをしてくるため、押し負けてセッチングしてもらうも、

 

 

「今回はご縁が無かったみたい、、。」

 

という先方からのお断りの返事ばかり届いたのです。
こちら側が、妥協しているのにも関わらず、断られているのです。

 

「何でだろう、、。」

 

と、考えていると答えはすぐに分かりました。

 

男性側とアイモコとの間で大きな気持ちの違いがある事に気づきました。

 

■アイモコ視点■
年収や顔がタイプでないけど勧められたので、セッティングしてあげた。
■男性視点■
自分求めるタイプや年齢が異なるが、セッテイングのお話があったので受けて上げた。

つまり、双方共に、会うこと自体乗り気ではなかったのです。
セッテイングすれば、相談所側は利益が発生するため強引に仕組まれた罠だったと言いざるをえません笑

 

この仕組みが理解できてからは、自分側も積極的アピールするも、先方のお断りの連絡ばかりが届きました、、、。

 

アイモコはここで初めて、自分の価値の低さに気がつきました。
自分が思う理想を何段階も下げても、デートにすら中々繋がらないのですから、、。

 

あまりの成功率の悪さに紹介してくれる相談員の方も次々と条件の低い男性を斡旋してきます。

 

それでも、自分に価値を見出してくれる男性を探したくてセッテイングしてもらいました。

 

・子供が2人(小学生の男の子2人)の子持ちお父さん
・体重が100キロある巨漢の大柄男性
・お金はあるが病弱な経営者の息子

 

こういった方とも積極にセッティングしてもらったが、最終的にお断りの連絡が届いたのです。

 

 

アイモコはあまりの人気のなさと自分の市場価値の低さに自信を喪失してしまいました。

 

 

もう、私ごときでは結婚できないかもしれない、、、。

 

男性と会う⇒断られる。男性と会う⇒断られる。ループ。

 

と繰り返すことで、とても嫌な気持ちになりました。
もう結婚自体を諦めていました。

 

この状態が、俗に言う、婚活疲れです。
私はこの経験を元に婚活疲れを回避する方法を書いています。

 

では、この状態になったらどうしたら良いのでしょうか?

 

疲労状態にもよると思いますが、婚活自体を忘れ、ゆっくり休憩することです。

 

遠出して温泉に入ったときにでも、「自分の何が悪いんだろう」とか漠然と考えたり、息抜きするするのも大切だと思っています。

 

アイモコの場合、後から分かったのですがコミュニケーション能力が不足していたのが原因だったのだろうと考えています。
後の婚活サイトで多くの男性とメールのやり取りをして、相手に喜ばれる文章を勉強できましたし、多くのデートを重ね事も出来ました。

 

今、この記事を読んでいて過去の私と似たような状況下にいる人がいるとして、私が感じたことは、

 

婚活で嫌な事があっても時間が必ず解決してくれます。
また、諦めなければチャンスは訪れるものです。

 

立ち止まってもいいですが、最後は前に進みましょう♪

 

前回⇒婚活しながら息抜きする
次回⇒結婚相談所は最後の砦?