ネット婚活と離婚暦(バツイチ)

婚活サイトで離婚暦(バツイチ)を逆手にとる


1回の結婚で幸せになれる人は、とても、ハッピーなことだと思います。
誰もがそれが理想ですよね。
しかし今は、昔とは違い、いろいろな選択肢もあり、相思相愛の結婚生活が送れるカップルも少なくなってきています。

 

実際にバツイチになってしまった場合、再婚で婚活サイトをりようする人も多いと思います。

 

けど、

 

バツイチは不利に働くのでは?

 

と感じてしまい躊躇してしまう男女も多いようです。

 

しかし、再び出会いを求めたいと考えた時の、バツイチならではのメリットがたくさんあることも紹介したいと思います。

 

●事実1回結婚している←これは事実です。

 

・結婚という大きな決断を1度はした

 

→男性であれば男らしいと取れるし、女性であれば、その男の人の懐に飛び込んでいこうとしたという柔軟性がある。
一度も結婚していない人は、上記の点がないとも言え、まだ人生で大きく踏み切ったことのない人である。
若ければそれは当たり前だが、ある程度年齢がいっている人が、その決断をしていないというのは、異性から見ると不安材料であるとも感じられます。

 

・結婚生活を1度経験している
→夢見がちな部分は少ない。
結婚=ゴールという考えがないため、現実的な視点で相手と向き合えます。

 

・パートナーとなった異性が存在した
→異性としてのなにかしらの魅力があると考えられる。

 

●離婚を経験することによって、自分自身今までの人生を反省する機会を与えられた。
・自分の性格、生活態度、相手に対する思いやり、相手の両親への態度など、離婚直後は気づかなくとも何かしら時間が経つと、自分でも感じたり、気が付く部分があります。ましてや、再び婚活を考えている人は、いろいろなことを再度考え直すことでしょう。
ここが死別でパートナーをなくした方との大きな違いです。
死別の方は、どこかで自分を被害者だと感じてしまったりする傾向もありますが、離婚の場合は、相手が生きているので、美化もできないし、現実をお互いに生きていかなくてはならないので、自分自身の嫌な部分も自分で直視せざるを得なくなります。

 

●初婚の人より逆に余裕がある。
一度きりの人生において、やらないことより、失敗はしてもやったことのあることが良いと思います。
バツイチになって、もしかしてその後良い出会いがないかもしれない、でも自分の人生において一度は結婚した。
そう思うと結婚してない人よりは、ひとつ多く経験できている。現在の日本では未婚率が上がっていますから、未婚の人に出会いを譲ってあげよう・・・位の態度だと、その余裕が逆に異性を惹きつけると思います。
男女ともに、がっついていると相手はひいてしまいますから。

 

●幸せになろうとしてした結婚で1度失敗しているからこそ・・・
次は自分も幸せになりたいと、切に思うはずです。
自分が本当に幸せになるにはどうすればいいのか、どういった人と付き合うと良いのか。自分が好きになる相手と、本当に相性の良い相手は違うのではないか。
自分のことをわかっていない人が結婚に失敗するような気がします。
自分を(自分だけでもないですが)客観的に見れる人は良い結婚をしています。自分の思い込みで、この人と結婚したら幸せになれると思い込んでもうまくいかなかったりします。
 離婚が練習だったとは思いたくないでしょうが、でもとても大きな人生の勉強なんです。
離婚せずに幸せになれればよかったですが、バツイチになった人には必要な経験だったんです。
痛い思いをしなければ、どうしても気がつかなかった部分があるのです。
だからこそ、バツイチの人は、その経験をした分、深く大きな愛を得ることが出来ると思います。

 

人間なんでも練習すればうまくなるので、離婚も人生の練習だと考えると、それによって次はもっと上手にできるのではないか、失敗を踏まえてより良い人生を歩むことができるのではないかと思います。

 

前回⇒異性が気にするプロフィールのポイントと対策
次回⇒交際暦0からの恋活