ネット婚活でデート

婚活サイトでデートするメールアプローチ方法


婚活サイトで知り合った人と、初めてデートをしようと思ったとき、どうやって誘いのメールを入れるか誰しもが迷うものです。
早い段階で誘ってしまうと、相手に引かれてしまうことがありますし、逆になかなかデートを切り出せないと関係が進みません。
勇気を出して、婚活サイトでデートに誘うためのメール術をご紹介します。

 

【共通の話題を探す】
デートに誘うときは「デートしましょう」といきなり言うのはハードルが高いものです。
なるべく自然に誘うために、共通の話題を探すことが大切です。
デートに繋がりやすい共通の話題は、食や遊びについてです。
たとえば、お互いに食べ歩きが好きだった場合なら「美味しいお店を知っているので、一緒に行きませんか?」とスムーズに誘うことができます。
この時に、なるべくお酒メインにならないようにすることが大切です。
たとえばワインが共通の趣味だった場合であれば、お酒メインでもいいのですが、最初のデートでいきなりお酒をがぶがぶ飲むようなデートだと相手に引かれてしまう可能性があります。
酔っ払って会話も覚えていないということにならないよう、なるべくランチのデートをおすすめします。

 

【最初のうちにデートまでの期間を決めておく】
自然にデートに誘うのが難しい場合には、直球勝負で最初の段階で「知り合って○週間経ったらデートしたいと考えています」と言ってしまうのも一つの方法です。
婚活サイトですから、相手も直接会うことを目的としています。
ですから、最初のうちに大体いつごろにデートをするとわかっていれば、お互いに心の準備ができるはずです。
デートをする日が大体決まっていれば、それまでにお互いのことを良く知るためのメールのやりとりができます。
どういうところに行くのが好きか、好きな食べ物は何かといった相手の好みをデート主体で知ることができるので、実際にデートになった場合にお互いに不満を持つことが少ないでしょう。

 

【サイト内のメール機能ではなくLINEを使う】
婚活サイト内でメールのやりとりをすると、どうしてもタイムラグができてしまいます。
相手がログインしていなければメールを送っても見てくれないので、一日に一通ずつのやりとりになってしまうこともあります。
そういう場合は、早めにLINEを交換しておくことをおすすめします。
LINEであれば、短文のやりとりを多くすることができますし、相手が読んだかどうかすぐにチェックできるのもメリットです。
LINEを交換するのに効果的なメールは「あなたとだけ真剣にやりとりをしたいのでサイトはやめる。だからLINEを交換してそっちで連絡を取りませんか?」といった内容にします。
これは本気の相手にしか使えない方法ですが、かなり効果的です。
サイトをやめるほど本気で自分と向き合ってくれるのだと思えば、相手も真剣に考えてくれるはずです。
ただし、この方法を使ったら本当にサイトをやめないといけなくなりますので、使うところを間違えないように慎重にしなければいけません。
サイトをやめたくないなら「サイトのメールは慣れなくて使いにくいから、LINEでやりとりしたいです」という内容の方が気楽かもしれません。

 

【知り合ってからどれくらいでデートするのがいいのか】
これは人によってペースが違うので難しい問題ですが、早すぎても遅すぎてもいけません。
メールだけのやりとりというのは、だんだん面倒くさくなってしまうものです。
真剣な出会いを求めているなら、一ヶ月以内にはデートの約束をするのがいいでしょう。
大体二週間から一ヶ月の間にデートをすれば、早すぎず遅すぎずのちょうどいいペースになります。
相手が慎重派ならもっと期間を延ばすなど、自分のペースを押し付けすぎないようにしましょう。