婚活サイトでの自己紹介

婚活サイトでの自己紹介文の書き方

 

 

前回の記事で、写真に最も力を入れるという記事を書きました。
写真に力を入れることで、異性はあなたに興味を抱いてくれる可能性が上がると思います。

 

次に異性が目に行く点は、自己紹介文です。
この紹介文を目にしてくれた点で、就職での会社面接で言う所の1次審査に通ったようなイメージを持ってください笑

 

さて、今回のテーマはネット婚活での自己紹介文の書き方です。
この自己紹介文もメチャクチャ重要です!!

 

アイモコは人の自己紹介を見る機会が多いのですが、大半が適当に書いてあります。
それでも、写真に強みがあれば、異性からのアプローチは来ますが、知らない所で取りこぼしも多くしている筈です。

 

この辺りは、ライバルが適当な文章が多いため、自分に大きく強みが生まれやすくなります。
なので、この記事を参考にして文章を見直して欲しいと思います。

 

自分の強みを異性に知ってもらう書き方を心がける

話は変わりますが皆さんは、会社の面接を受けたことがありますか?
最近では、圧迫面接と言われる威圧的な面接をするなどで、書籍やネットで面接対策が、も大きく取り上げられています。

 

実はこの会社の面接も婚活サイトの自己紹介も共通して言える事は、

 

あなたの事を知る機会

 

なのです。

 

自己紹介の書き方が分からない

たまに婚活サイトでの自己紹介文の書き方が分からないお困りの人もいると思います。
自己紹介に関しては特別ルールはありません。
ですが、効果的な書き方があるのも事実です。
押さえるポイントはいくつかありますのでここで簡単に紹介していきます。

 

・趣味
お互いの共通の趣味があると異性と仲良くなりやすくなります。
初対面で最も話がしやすく、異性にアプローチするときは、この趣味を切り口にするのが定番です。

 

・仕事内容
仕事内容は(特に)男性の場合、女性が最も気になる箇所の一つです。

 

・住んでいる場所
異性は同じエリアで探す事が多いので、アプローチする異性と距離が近い場合、心の距離も近づきます。

 

・自分の強み
何か人より優れている点があれば、恥ずかしがらずアピールしましょう。
例えば、高校時代に甲子園に出た事があるのであれば、趣味の欄でさりげなくアピールしましょう。

 

趣味・野球(高校時代は甲子園に出場したので、草野球でのあだ名は甲子園です笑)
など。

 

・求める異性
自分が希望する異性の特徴を書くことで、目的にあった女性と会いやすくなります。
しかし、条件が高いと全く来なくなるので、基本的には「最低限の条件」に留めて置きましょう。

 

・その他
長所、短所、好きな音楽、出身地など。

 

以上の6点を自分の中で考えて、まとめると見栄えの良い自己PRが出来上がります。

 

好感度の上がる書き方

たまに自己紹介でネガティブな文章を書いている方がいます。
「デブで人と話すことが苦手な僕でもよければ、、、」のような笑
このような書き方は、言わなくても分かりますが、異性に良い印象は伝わらないでしょう。

 

自信がないのは分かりますが、それを文章に書く必要はなく、ハッタリでも自信があるように見せる書き方をしなければなりません。
自分を良く見せるのが苦手な人って多いと思いとは思いますが、勇気をだして自分をアピールしましょう。

 

・仕事の職種について
仕事内容の書き方も色々あります。
相手にマイナスを当てるような書き方は避けなければなりません。

 

例えば、最近では「契約社員」というものがあります。
この契約社員は女性受けし辛い傾向にあるので、もしあなたが男性で契約社員でもあえてその内容は書かずに内容だけ書くか、契約社員での明確な理由とその後の有望ある将来性について書くようにしましょう。
将来性のビジョンを語れる人は、異性に好印象を与えることでしょう。

 

次回⇒多くの異性と連絡を取り合う